SEOとは

- what's seo -

SEOとは- what's seo -

SEOってなに?

SEOとは、ウェブサイトを検索結果の1ページ目に表示させることでアクセス数を増やし、
最終的にお問い合わせや反響を高めていこう!という集客対策です。


GoogleやYahoo!など大手ポータルサイトの検索欄にキーワードを打ち込むことで、インターネット上に公開されているウェブサイトを表示されるシステムが「検索エンジン」です。
検索エンジンは、世界中のウェブサイトの中から、検索キーワードに合致する、もしくはそのキーワードに関連付けられるサイト、人気があるサイトなどを、検索エンジンが独自に定める評価基準に沿って、検索結果の1ページ目から評価の高い順に表示しています。


SEOは、この評価基準をもとにウェブサイトを最適化することを指し、そのための施策方法をSEO対策と呼びます。
なお、現在Google・Yahoo!の検索結果は2010年7月27日より統一されました。

SEO対策の3つのメリット

  1. 新規客の誘導に最適な手段
    インターネットユーザーの多くは、検索エンジン経由でサイトを発見します。⇒検索エンジンをしっかり攻略することで集客率アップ!
  2. 成約や購買に繋がる
    検索エンジンでは、インターネットユーザーが能動的にキーワードを入力してサイトを探しています。⇒ニーズの高いワードでの上位表示する事により見込み客に直接アピールできる!
  3. ブランディング効果
    インターネットユーザーは、検索エンジン上で上位表示されている企業はメジャーブランドであると考えます。⇒ブランディング効果は、購買率アップに繋がりやすい!

SEO対策ってどんなものがあるの?

すまいるネットのSEO対策方法は、主に内部対策と外部対策です。当社が持つ豊富な実績をもとに、あなたのホームページを最適化していきます。

内部対策

内部対策とは、ウェブサイト内に対して行う対策のことです。検索結果の順位を決める際に、Googleが参考にするのがウェブサイトのページ内に書かれている情報です。
クローラーと呼ばれるロボットがウェブサイトを定期的に訪問して、ページ内の情報を読み取っています。その際、ウェブサイト内の情報を適切に伝えたり、そのウェブサイト本来の力が発揮できるようにする作業を「内部対策」と呼びます。

その作業内容は様々で、たとえばページのタイトルを適切に編集したり、新たに必要な情報やページを追加したりなど多岐にわたります。

外部対策

外部対策とは、対象ウェブサイト内の対策ではなく、別のウェブサイトから対象ウェブサイトへのリンクを増やす対策のことを指します。

基本的にGoogleなどの検索エンジンは、別のウェブサイトからリンクのあるウェブサイトをプラス評価します。
検索順位で上位を狙うためには、別サイトからリンクを得ること・外的評価を高めることが重要です。

具体的には、弊社独自のポータルサイトなどからお客様のウェブサイトにリンクを増やすことでお客様サイトの外的評価を高めます。

SEOで順位を上げる為には?

近年のGoogle検索は進化が目覚しいです。
10年間SEOに携わってきた弊社だからわかるGoogleに好かれる・嫌われるウェブサイトの特徴をご紹介します。

Googleが考えるSEOの目的は以下の通りです。

「SEOは本来、サイトを訪れるユーザーのために行われるべきだと私たちは考えています。」(出典:Google 検索エンジン最適化スターターガイドより抜粋)

Googleが行う順位変動で安定して上位表示されるウェブサイトの多くは、ユーザー目線を意識して制作している傾向があります。
これからのSEOは「Google対策=ユーザー対策」。ユーザーに価値のあるウェブサイトを提供していくことで、結果的にSEOでの順位上昇に繋げます。

Googleに好かれるウェブサイトの特徴とは?

  1. 自然な被リンクを受ける
    以前からGoogleは被リンク(他サイトからのリンク)をもらっているウェブサイトを上位に表示する傾向がありました。現在も適切に被リンクを張っていけば、順位上昇に大きく効果を出す役割があります。
  2. Googleの検索ロボットに好まれるようなウェブサイト設計
    ランク付けするための評価基準のひとつにウェブサイト設計があり、綺麗な構造のサイトはGoogleロボットにも好かれます。
  3. 更新頻度を高める
    更新頻度もGoogleロボットによる評価されるポイントです。できれば、こまめな更新を心がけましょう。

まとめると、すまいるネットのSEO対策は、
1. 自然な被リンクを受ける
2. Googleの検索ロボットに好まれるようなウェブサイト設計

を中心としたSEO対策を行っております。

嫌われるウェブサイトの特徴とは?

  1. 画像中心のウェブサイトデザイン
    Googleの検索ロボットは、ページ内にどのような情報が掲載されているか文章を通じて判断します。画像が多いページは、中身のないページと勘違いされることもありますので、ある程度の文章は必要です。
  2. 他の情報を写したコンテンツがある
    検索ロボットの文章判別能力が向上した結果、他のウェブサイトで掲載されている情報をそのまま全て活用しその情報を掲載したページは評価が下落する可能性があります。
  3. ページに広告表示が多く掲載されている
    現在、Googleでは付加価値の無いアフィリエイトサイトに対して検索しても検索結果に表示出来ないようにする、というペナルティを科すなど、取り締まりを強化しています。付加価値の無いアフィリエイトサイトとは、広告宣伝にばかり占められているサイトという意味です。

次に、適切なページ選定やキーワードのアドバイスをご紹介いたします。

適切なキーワードの選び方

SEO対策をするにあたって、重要なのはどのキーワードでSEO対策するのかです。

その① 上げたいと思うキーワード

→ウェブサイトを作るからには、自分が持つ商品やサービスをアピールしたい!など、いろいろと考えながら制作するはずです。
そのアピールしたい商品・サービスを思い浮かべたときに、自然と出てきたキーワードこそが上げたいと思うキーワードに繋がります。

その② ページに合ったキーワード

→例えば、サイト全体の構成が以下のようになっている果物通販サイトの場合、トップページでSEO対策を行うなら、適したキーワードは「果物 通販」というキーワードになるでしょう。
「リンゴ 通販」や「ぶどう 通販」などで上げたい場合はトップページより他の専門ページの方が適しているといえます。

サンプル

その③ あがったときにパフォーマンスが見込めるニーズが高いキーワード

→上がったときにパフォーマンスが見込めないキーワードだと、いくら1位になったところで人気や売り上げ等にも直結しません。似たキーワードで対策をし直す場合は結構ですが、全く違うキーワードで上位表示するのは難しくなるでしょう。

これまでに挙げた①、②、③の条件をすべて満たしたキーワードをがあなたのウェブサイトにとってSEO対策すべき最適なキーワードの一つとなります。

サンプル

適切な対策ページ

SEO対策をするにあたって、もう一つ重要になってくるのが対策ページの選定です。ここでは、適切なキーワードが決定したあとの適切なページの選定方法をご紹介します。

上位表示を狙うための適切なページの選び方

あなたのウェブサイトの中でSEO対策すべきページは、選択したキーワードについて一番情報量があり、ウェブサイト内からのリンクも自然と豊富に張られているページになるはずです。

もし、そのようなページがない場合、SEO対策したいキーワードについてのページを追加しましょう。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00