カテゴリ:
SEO対策の雑学記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の雑学記事

よく見るSEO対策用語「robots.txt」ってなに?

SEO対策の知識を得る中で「robots.txt」の用語を見かける事があると言う人は多いのではないでしょうか。robotsとは検索エンジンのクローラーのウェブページのへのアクセス制限を行うためにファイル名です。「txt」はファイルの拡張子で、テキストベースのファイルになるのでテキストエディターを利用して修正や閲覧が出来...

アクセス数アップを目標にしたSEO対策のコツ

ウェブサイトのアクセス数をアップさせるためにSEO対策を強化したいと考えている方は多いでしょう。とはいえ気をつけたいのはSEO対策、つまり検索エンジンの上位に表示されるよう最適化を行ったとしても、アクセス数が増加するとは限らないということです。例えば競合するサイトが少ないキーワードを選べば検索結果の上位に表示される可能...

サイトの質をあげるSEO対策「ページ構成の整理」

インターネットのサイトを立ち上げ、ビジネスを始める人は昔に比べて増えてきました。当然その分競争が激化しているため、ただ単にサイトを立ち上げてランディングページにリンクしただけではあまり意味がなくなってきたとも言えます。そこで重要になるのが、サイトを作成した時のSEO対策です。SEO対策をする場合には、キーワードやタイト...

スパム扱いされるかも…やってはいけない間違いSEO対策

 SEO対策として、検索結果画面の目立つところに自社のウェブサイトが表示されるよう、さまざまな方策がとられています。インターネットのユーザーは、何らかのサービスを利用しようとする場合、検索エンジンを利用するのが常となっていますから、事業者にとって、検索の結果、自社のウェブサイトが利用されるように対策するのは不可欠です。...

SEO対策としてサイトに内部リンクを貼りまくるのは有効?

 SEO対策としてサイトに内部リンクを貼りまくるのは、以前は有効だったこともあるようですが、現在ではスパム扱いされる可能性もあり、決しておすすめできることではなくなっています。ただ、何をもってスパムと判断するかは、検索会社によって異なります。 以前はSEO対策として、検索結果画面で自社サイトが目立つ場所に来るよう、さま...

予算が無い…そんな時、無料でできるSEO対策例

企業にとって、インターネットコンテンツによる集客、コンバージョンを得ることは非常に大きな意味を持ちます。旧体制的な経営を行っているためにインターネットコンテンツを持っていない企業というものもたくさん存在していますが、より大きな収益を目指すのであれば、インターネットコンテンツによる販促活動を行うことは大きな意味を持ちます...

無駄無駄無駄ァ!たまに見かける無意味な「SEO対策風の施策」

昔は効果があったけれども、今となっては無意味になってしまったSEO対策のテクニックというのはたくさんあります。しかし、そのような無駄なテクニックも、今もネット上で都市伝説のように囁かれ、稀に使ってしまっている人もいます。現在は無意味になってしまったSEO対策の例として、HTMLに大量のキーワードを埋め込むという手法が挙...

被リンクをゲット!バナー広告のSEO対策的な側面

被リンクをゲットするのは、SEO対策にとって大事なことです。ただ現在は、被リンクを獲得するためだけの、あからさまで大々的な行為がスパムと認定されて、かえってSEO対策上、マイナスとなり得る状況も生まれてきていて、以前ほど絶対的なものではなくなりましたが、やはり被リンクがそれなりにあったほうがいいとは言えます。過剰に集中...

SEO対策でキーワードを入れすぎると、逆にペナルティを食らう!?

SEO対策とは、キーワード検索において表示される順位を高めるための作業です。そこで多くのキーワードに対して行えば、より大きな効果が得られるのではないかと考えがちですがそうではありません。サイトで多くのキーワードを入れすぎてしまうと、効果が得られるどころかペナルティを受けることにもつながります。これは検索順位を上げるため...

独学SEO対策でやりがちな間違いとは?

ホームページやECサイトを開設すると、オンラインで商品を売ることが可能になります。しかし、オンラインでは無数のサイトがあるので、適切な集客を行わなければ、他のサイトの中に埋もれてしまいます。オンラインでの集客法は、独学で学ぶことによって、無料で行えるものが多くあります。中でも、SEO対策は無料の集客法としては有名で、多...

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00