カテゴリ:
すまいるネットの紹介記事

トップページ > 記事作成代行サービス > すまいるネットの紹介記事 > 本当にやるべきこと?巷にはびこる「意味ないSEO対策」に注意

本当にやるべきこと?巷にはびこる「意味ないSEO対策」に注意

インターネットでビジネスをしたとすれば、最近はリスティング広告などが有名ですが、以前からある方法の一つに自分のサイト作りホームページなどを利用してお客さんを集める方法があります。実際に、ホームページで稼いでいる人は、1日1万アクセス以上ある人が多いです。その中でも特に、上位者は魅力的な文章を書くため継続的に多くのアクセスを集めることができています。

とはいえ、SEO対策を全く考えずにたくさんのアクセスを集めるのは今の時代は難しくなっています。昔のように、ホームページ自体が少なかった時はSEO対策を施さなくても十分なアクセスを集めることができたかもしれません。しかし最近は、十分なアクセスを集めるためにはSEO対策は必須になります。SEO対策として重要なものがいくつかありますが、その中でも意味ないとされるものも少なくありませんので、注意が必要です。意味ないSEO対策を知っておくことも上位表示させるためにやるべきことの一つです。

意味ないことの一つは、とにかくたくさんキーワードを入れることが考えられます。確かにキーワードは重要ですが、一つの文章の中にたくさんキーワードを入れ過ぎても意味がありません。例えば、「中古車」をキーワードにする場合は、500文字の文章の中に15個ぐらいに「中古車」を入れれば効果が出ると思っている人がいるかもしれませんが、効果がないどころか逆にペナルティーをくらってしまい、圏外に飛ばされてしまう可能性も考えられます。キーワードは重要ですが、使いすぎてはならないことに注意が必要です。

また、キーワードの数を指定するのも大して意味のないことです。例えば一つの文章でキーワードは6個までと指定している人もいますが、結局文字数によってキーワードの数は変わってきます。1000文字程度であれば5個から6個程度のキーワードが入っていれば十分ですが、3000文字であればもう少し増やしても問題ありません。つまりキーワードは自然な感じで入っていれば問題ないため何文字の文章を書くかによって数が変わってくるといえるでしょう。やるべきことは、自然な感じの文章を作り、さりげなくキーワードを入れることです。

もう一つ、ページの滞在時間を延ばすため動画を入れる人もいますが、余り意味のない行動です。滞在時間は増えるかもしれませんが、面白くないサイトであれば反復してみようと思う人はいないはずです。わざわざ動画を入れるのであれば魅力的な文章を書けるように研究をすることが重要でしょう。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00