カテゴリ:
SEO対策の雑学記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の雑学記事 > SEO対策とタイトル文字数の関係性をチェック!

SEO対策とタイトル文字数の関係性をチェック!

Googleなどの検索サイトでキーワードを入力した際に、最初の定時にサイトの情報が掲載されると言う事はビジネスにおいて大きなアドバンテージとなることが数字として証明されています。何かを調べようとする人が最初の1ページ目でキーワードを変更するケースが多いと言うことが既に分かっているのです。そのためSEO対策では一般的に検索ワード上位に表示されることを目標としていますが、1ページ目に表示されるようでなければ意味がないと考えられています。

そのようなSEO対策においてタイトルの文字数が関係していると言うことが広く知られています。タイトルタグの中でどのような文字数でどのようなワードが盛り込まれているのかことがSEO対策に深く関係しているのです。あまりに文字が多すぎる場合にはSEO対策として適切であるとは言えない場合もあるため注意が必要です。

Googleなどの検索サイトの仕組みが変化しないものであるとは言えないため、絶対的にこの文字数が正しいと言えるわけでは無いのですが、概ね30文字前後であることが有効に機能すると考えられています。多少長くても40文字から50文字程度の中で必要なワードが盛り込まれているかどうかが見られていると言われています。そのような仕組みを考えてウェブサイトの構築や修正を行っていくこともSEO対策の重要な側面の1つとして知られているのです。

このようなノウハウを知っているか知っていないかと言うことが非常に大きな分かれ目となります。文字数に関しては短ければ良いと言う事でもありませんし、長ければ良いというわけでもありません。人間の目で見て伝えたいことが伝わるかどうかということも重要ですが、Google検索のように機械的な検索により注目してもらえるかどうかということもビジネスの世界では非常に重要になってくるのです。そのような意味合いにおいて、SEO対策におけるタイトルの表現の仕方や長さは非常に関係深いものであると考えておかなければならないのです。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00