カテゴリ:
すまいるネットの紹介記事

SEO対策の過程でよくある問題

SEO対策を進めていく上では、色々な手法を実施していきます。これらのSEO対策がうまくいっている時にはいい結果が得られますが、時には問題に直面してしまうことも少なくは有りません。対策を進めていく過程で陥りがちな、よくあるトラブル、問題にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

まず、ありがちなのは、コンテンツワードの盛り込みすぎです。近年の検索エンジンの精度は高く、一昔前のように、強調したいワードを使いまくったら一発で弾かれることもありますし、文法が怪しかったり、無理にワードを詰め込んでいる様に判定されても、マイナス評価の対象になりえます。

また、SEO対策で重要とされるコンテンツ量についてですが、これは100ページを作った方が良いなどとよく言われますが、無理に作るのは良い結果に結びつかないこともあります。と、言うのも大量のページを作るのは大変で、関係性の低いページや内容の乏しいページ、また、少しだけ改変しただけのページでは余り意味がない場合もあるので、コンテンツの中身もしっかりと重視していくことが大切です。

ページを増やしていく上で、他のサイトを参考にしたつもりが、コピーコンテンツを見做されたら一大事ですので、この点は、絶対に避けたいものです。みんながやっていることで、画像の無断引用などが有りますが、業務や営業に関するページでは許容されないケースも出てきますから、こう言った法律に関わるような事にも注意が欠かせません。

他に、SEO対策では、検索エンジンがその仕組みを更新した時にも、トラブルに成ることがよくあるので、この点も気をつけておきたいものです。これは、検索エンジンの運用会社のほうが、反則的な対策方法を見つけて潰していく為に、随時行っているシステムの更新で、今までは普通だった対策が、更新を境にペナルティー対象となりえると言うものです。何もしていないのに、突然アクセスが激減したなどの場合には、この疑いも考えられます。

SEO対策では実際には、色々な手法を組み合わせていくので、問題が複雑化し、自身の手では解決の糸口がつかめなくなる場合もあるでしょう。そういった時に、いい加減な業者に頼ると、悪ければリンク売買と見做されたり、悪質なサイトと看做されるケースも有り、こうなると、ドメインを作り変えたほうが良くなるかもしれません。つまり、努力やお金が水の泡です。

他にも、SEO対策の過程では色々な問題や失敗が起こりえますので、無理をせず、実績のあるプロに相談していくことも大切です。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00