カテゴリ:
すまいるネットの紹介記事

トップページ > 記事作成代行サービス > すまいるネットの紹介記事 > SEO対策基礎知識!適切なタイトル文字数は28~32文字

SEO対策基礎知識!適切なタイトル文字数は28~32文字

自分でサイトを作り、インターネットでビジネスをする場合、必ずと言っていいほど必要になってくるのがSEO対策になります。SEO対策が重要な理由は、キーワードを検索した時に自分のページが上位に表示されれば、それだけアクセスされる回数が増えることになります。そうすると、自分のページから商品やサービスを利用してくれる人が増え売り上げにつながるだけでなく、様々なバックテストをすることができる点も魅力といえます。

SEO対策で上位表示を目指す場合は、検索エンジンで表示された1頁目の上から5番目までに入る必要があります。もちろん1ページ目に入ることが重要ですが、上から5番以内に入らなければあまり検索数は増えません。もちろん一番上になることが目標ですが、必ずしも一番上をとれるわけではありません。特にビッグキーワードの場合は1ページ目に入ることすら大変かもしれません。そもそもなぜ5番目までに入らなければならないかといえば、自分のページが表示されたとしてもほとんどの人は上から5番目までしか閲覧をしないからです。もちろん1番下まで閲覧する人がいないわけではありません。また上から5番目に自分が調べたい内容がなさそうであれば、6番目以下や2ページ目も検索するかもしれませんが、たいていの場合上から5番目の検索で用をすませます。

SEO対策の基礎知識として重要になることの一つは、タイトル文字数です。内部SEO対策の一つとしてタイトル文字数は注目されています。タイトル文字数は、28~32文字がよいとされていますが、とくにこれに関しては明確な根拠ありません。そもそもタイトル文字が28~32文字にした方がよいといわれる理由は、検索した時に32文字まで表示されるからです。それ以上長いタイトルになると尻きれとんぼのようになってしまうため32文字までがよいとされています。最低でも28字とされているのは特に理由はないでしょう。できるだけ長いタイトルにした方が相手に伝えやすいからといったぐらいの根拠しかありません。少なくとも10文字や12文字程度のタイトルに比べると 28文字ぐらいのタイトルを書いた方が相手にたくさんの量を伝えることができ、ページを開きやすくしてくれます。このような基礎知識を持っていることで、無駄にタイトルの文字数にこだわり過ぎる必要はないでしょう。

結論としては、タイトルの文字数は32文字まで表示されること、そしてできるだけ長い方が相手に伝わりやすいためアクセスが増えやすくなります。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00