カテゴリ:
SEO対策の解説記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の解説記事 > SEO対策の歴史と最新の対策手法

SEO対策の歴史と最新の対策手法

SEO対策をするときには、SEO対策の歴史を知っておく必要があります。もともとインターネットが始まったのは1990年ごろです。当時はまだ一般庶民に浸透しておらず、インターネットの言葉自体を聞いたことのない人がほとんどでした。やがて時代がすすみ、インターネットが普及し始めたのが1997年ごろです。2000年を越えると各家庭で一台はパソコンが普及していました。当然、それに応じてSEO対策も進化していきます。ただ当時は今と異なり自らホームページを立ち上げる人は少なかったため今ほど精度の高いSEO対策をする必要ありませんでした。

歴史の中でSEO対策の転換期は2011年の四月です。この時には、今までのSEO対策はまったく通じなくなり、中身がしっかりとしたサイトを作らなければ上位表示されることはなくなりました。それまでは、外部リンクが重要と言われており、とにかく自分のサイトを上位表示させるためにたくさんのサテライトサイトを作っていた人が多かったです。ブログを100個以上登録し、サテライトサイトを作っていき、各ページからメインサイトにリンクを張っていきます。結果的に、上位表示されましたが、この時のサテライトサイトは結構いい加減な内容でも問題ありませんでした。たとえば、英語の文章を和訳させそれを張り付けただけの人などもいました。今でも和訳ソフトは完ぺきではありませんので、おかしな日本語が羅列する時もありますが、それでも構わず貼り付けることで上位表示させることができたわけです。

ですが、そのようなサイトは検索エンジン自体が望んでおらず、その手法を使っていた人は圏外に飛ばされてしまうといった事態が起こったのです。いわゆる要注意人物になったわけです。いい加減な手法を使い一度圏外に飛ばされるとめったに戻って来ることはありません。

最新のSEO対策はどのようになっているかといえば、外部リンクも必要としていますが、やはりコンテンツの内容の充実さが重要視されています。とはいえ、最新の機械が文章の内容を読み、これはすばらしい文章だと納得するわけがありませんので、正しい日本語が使われているか、閲覧したいとの滞在時間やリピート率は多いかなどといったことを重視して、質が高そうだと判断されたページは上位表示させるようにしています。つまり、キーワードやリンクは重要だとしても、昔のような小手先のテクニックが通用しなくなってきているのが最近のSEO対策の特徴になります。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00