カテゴリ:
SEO対策の解説記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の解説記事 > 外部リンク・被リンクの量と質を向上させるSEO対策

外部リンク・被リンクの量と質を向上させるSEO対策

SEO対策という言葉は聞いたことがあるものの、具体的にどのような意味なのかわからないという方も多くいるかもしれません。そもそもSEOというのは、日本語に訳すと検索エンジン最適化という意味です。検索サイトで特定のキーワードを検索したとき、ウェブサイトを上位に表示されるための対策のことです。

SEO対策でウェブページを上位に表示されるためには、特定のキーワードを多く盛りこめばいいと思っていませんか?確かにキーワードを多く盛り込むことで、ウェブサイトのアクセス数を伸ばそうという考え方の時代もありました。ですがインターネットの普及が広がるとともに、SEO対策の考え方にも変化が存在しています。

SEO対策では、文章の中に多くのキーワードを盛り込むよりも、外部リンク・被リンクの量と質を向上させる方向性に切り替わっています。つまりキーワードを多く盛り込むのではなく、文章そのものの質を向上させようという取り組みです。そこで問題になるのが、外部リンク・被リンクの量と質を向上させるためには、どのような点に注意したらいいのかという点です。

キーワードの量でSEO対策を行うのであれば、文章の内容を考える必要はほとんどありません。とりあえず1文の中に1回、特定のキーワードを書くように気をつければいいだけです。一方で質について考えるときには、文章全体の構成についてよく考える必要があります。正しい文法で書かれているのはもちろんのこと、何が言いたいのか読んだ方がよくわかる文章なのかというのもポイントの1つです。そして一番大切なことが、読んだ方にとって役に立つ文章なのかという点です。読んだ方にとってわかりやすくて読みやすい文章を書くことで、SEO対策として高い効果を期待することにつながります。

またSEO対策で文章を作成するとき、1つ忘れてはいけない点が存在しています。それが別のウェブサイトからの文章を無断で使用しないということです。インターネット上の文章には著作権があるため、人が書いた文章をそのまま使うのではなく、必ず自分でオリジナルの文章を作成する必要があります。情報収集で特定のウェブサイトの情報を参考にするとしても、そのまま引用せずに自分の言葉で文章を作るようにしましょう。ほかにも質の高い文章を作成するために、ターゲット層を絞るのも1つの手です。文章を読んで欲しい方を考えて、そのような方に向けてわかりやすい文章を書くことも大切です。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00