カテゴリ:
SEO対策の雑学記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の雑学記事 > SEO対策としてスマホ版ホームページを作るには?

SEO対策としてスマホ版ホームページを作るには?

SEO対策として運用しているサイトの最適化などを行なっている人は多いと思いますが、その対策がスマホでも有効かどうか気にしていないと意味がないかもしれません。Googleは一般のサイトとモバイルのサイトを区別してランキングするシステムになっています、スマホで表示しやすいサイトをモバイルフレンドリーとして分類し、独自のランキングを行うと言う取り組みを行なっています。そのためホームページが一つしかなく共用しているような場合には、いくらSEO対策をしていてもモバイル環境ではランキングが下の方になって集客できていない恐れもあります。

SEO対策としてはスマホ版のホームページを作るところから始める必要があります。検索エンジンの基準が違う以上、共用することにメリットはありません。では、どのようなホームページを作るとモバイルフレンドリーと呼べるのでしょうか。PCサイトとモバイル環境の違いはデバイスの表示が縦か横かと言うことです。PCサイトをモバイル環境で開いた時に感じるのは全部が見られないと言うことです。全体を見るためには横にもスクロールする必要があります。それではどこまで見たかわからなくなってしまいます。モバイルに特化したページであれば縦スクロールのみの縦長のページが効果的です。上から下へ移動するだけでサイトを見ることができます。また、PCでしか見ることができないプラグインが使われている場合も、モバイル環境では見ることができないので注意が必要です。SEO対策を行うためには縦長で表示できないコンテンスがないようにして見やすくする必要があります。

そして、もう一つの問題は文字の大きさや行間の大きさです。小さすぎる文字や狭すぎる行間はモバイル環境では不便です。PCのようにマウスで操作できる環境では、細かな選択が可能です。モバイル環境では指で操作するため、選択している部分が近接していると間違ったリンクを開いてしまう恐れがあります。行の間隔を広くとることやバナーを大きくするなどの対策が必要です。特に情報の入力などのフォームでは入れ間違えがないように余裕を持った構成にしておく必要があります。PCのサイトでは気にしなくてもよかったことがモバイル環境では不便なサイトとして印象に残ってしまいます。モバイルフレンドリーが全てSEO対策と言うわけではありませんが、対応していないことでランクが下がるようであれば対策が必要になります。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00