カテゴリ:
SEO対策の雑学記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の雑学記事 > 一番のSEO対策は良質なサイトを作ること!品質を左右するポイントは?

一番のSEO対策は良質なサイトを作ること!品質を左右するポイントは?

SEO対策を行ううえで、これまでに重要だとされてきたポイントは「被リンク」などがあります。被リンクとは、自サイト以外のWEBサイトからのリンクが多く集まっているほど価値が高いとクローラーが評価する仕組みを利用したSEO対策の方法ですが、現在ではあまり効果がないと言われるようになっています。その理由は、「クローラーのアルゴリズムが進化して、具体的にコンテンツの質を見極められるようになったから」です。

以前であれば、クローラーは単純なルールに則ってWEBコンテンツの価値を評価していました。たとえば、「キーワードの配置」「設置数」「被リンクの数」などの簡単な基準で評価を決めていたため、「多くのWEBサイトからリンクが貼られている=良質なコンテンツである」という評価を下していました。もっとも、現在でも被リンクの効果はゼロになってしまったわけではなく、一定のSEO効果は期待できます。

ただし、そういった部分以外に「良質なコンテンツであること」が現在のSEO対策では重要になっています。そこで問題になってくることが、「何を持ってコンテンツの価値を評価するのか」という点です。

先に言っておきますが、コンテンツの評価基準ならびに手法は常に変化しています。極端に言えば、今日は有効だった方法が翌日には意味をなさなくなっている可能性もあります。常に最新かつ効果的なSEO対策を施し続けることを意識し、できる限りフレッシュなウェブコンテンツを運営するようにすることがポイントです。

さて、品質を評価される基準ですが、これは単純に「誰もが読んで納得できる内容かどうか」という点です。または、「誰もが見て満足を感じられるかどうか」という点で価値が評価されます。つまり、単純に良いと思えるコンテンツを作成することによって、高いSEO対策効果が期待できるわけです。

SEO対策の基本は特に変わったわけではなく、キーワードの選定と組み合わせ、そして配置を意識しているだけでも一定の効果が期待できます。ただし、それはあくまでも最低限度の効果が期待できるというだけに過ぎず、そこから他のWEBコンテンツと差別化を図っていくためには、コンテンツ自身のクオリティを上げていくほかありません。

事実に基づいて書かれている内容、客観的な視点による見解、独特な感性、さまざまな意見などの要因を満たしているものを作成するように心がけていくと、少しは評価が高くなります。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00