カテゴリ:
SEO対策の解説記事

トップページ > 記事作成代行サービス > SEO対策の解説記事 > 動画におけるSEO対策として有効な施策

動画におけるSEO対策として有効な施策

インターネットビジネスも年々少しずつ流行が変化しています。最初は、広告やホームページからの集客がメインでしたが、最近は動画による集客が増えてきています。この時の集客のポイントは、閲覧者が文章を読まなくてもよいことや、テレビを視聴しているのと同じような感じで気軽に見ることができる点に魅力があります。

動画による集客といっても、制作した作品が上位表示されなければ意味がありません。そこで、ホームページやブログを作成した時と同じように、SEO対策が必要になります。SEO対策は、ホームページを作成するときに似ていますが、若干異なる部分もあります。SEO対策として重要なことの1つは、閲覧時間になります。よく、間違えたSEO対策として、大規模掲示板などにURLを貼り付けてたくさんの閲覧数を稼ごうとする人がいます。これは、一見SEO対策になっているような気もしますが、実際にはあまり意味がありません。動画を使う場合は、再生回数よりも再生時間の方が有効な施策になります。例えば、100人の人がそれぞれ10秒だけ閲覧した場合よりも、10人の人がそれぞれ10分間閲覧した方が上位表示されやすいのが特徴です。

次に、紹介文章も重要です。紹介文章が短すぎてもだめですが長すぎてもダメです。ちょうどいい文字数にしておくことが有効な施策と言えるでしょう。ちょうどいい文字数はどれぐらいかと言えば、その中身にもよりますが、100文字前後位で書くと良いでしょう。もちろん、映像時間が1分以内なのに100文字は多すぎます。最低でも2分から5分位の映像にしておくことが重要になるでしょう。
タイトルも大事です。タイトルはその中身と連動したものにしましょう。中身と全く関係ない内容のタイトルにしてしまうと、そもそもアクセスされない可能性があります。またそれを見たとしても、タイトルと違う内容であればわざわざ長い時間見続ける事はないでしょう。

最後に、その中身をしっかりと精査する必要があります。よく、顔を出したくないため文字ばかりが羅列しているようなものもありますが、それではほとんどホームページの文章を読んでいるのと変わりがなく、見る人を退屈してしまい、結果的に集客をすることができなくなるでしょう。可能であれば、それを制作した人が顔を出すか、あるいは代理の人に出てもらい話をしてもらう方法もあります。そこに人が出てくることで、本来であれば5秒位で消してしまうものも、最後まで見る可能性が出てきます。

お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
【営業時間】10:00~18:00